Dance for Two

アクセスカウンタ

zoom RSS 姿勢

<<   作成日時 : 2005/02/16 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日のレッスンは、姿勢をかなり注意されました。
ウォークの姿勢、ホールド時の姿勢。。。

最初はウォークからです。
難しいのは、後退時の右足をひいて体重を移動させるところですが、これがなかなか様にならないんですよね。
右足をひいたときに、左足に重心が残っているといけないわけで、引いた右足のヒールがつくと同時に左足のトウがあがる、そのタイミングがなかなか・・・
先生のようにきれいにいかないんです。^^;
あまりに気にしすぎると、ぎこちなく、ロボットのようになってしまって・・・
これが、スムーズにいくようになるとずいぶん違うとおもうのだけど・・・
まだまだ練習あるのみです。

ワルツは、今日もホイスク→シャッセフロムPPを重点的にやります。
顔のうごき、体の向き、姿勢に今までより厳しいチェックが入ります。
特に、みぞおちに芯を作って、体を上にひきあげるという表現をされるのですが、これが、難しいんです。
つい、落ちてしまって・・・
でも、これが決まると気持ちがいいんですよね。
リーダーには、これとは別に、肩にどうしても力が入りすぎるので、それを指摘されます。
でも、今日は、右手・・・落ちなかったですね。
ホールド時の首と顔をまっすぐに・・・というのも、なかなか。。。
まっすぐしてるつもりでも、直されるんです。
自分ではちゃんとできてるかどうかわからないだけに、これは、、鏡などをみて感覚的に体に覚えこませる必要がありそうです。

タンゴは、バックコルテ→オープンリバースターンへすすみます。
アントサイドパートナーで外側へ足をだすわけですが、ここで、うまくいきません。
すっごく踊りにくいというか。。。足がだせないんです。
別のリーダー(お手伝いの方)に踊ってもらったら、あら?スムーズに踊れる・・・・@@
そう、うちのリーダーの足の位置がよくなかったみたいです。
先生からご指導いただいて、どうにか踊れるようになりました^^;
最初からやってみます。
ところが、ここでチェック!
タンゴは、ライズ&フォールをしないというのが頭にあるせいか?腰が落ちすぎていたんです。
足を軽く曲げる(実際は軽くではなく、腰が落ちていただけ^^;)というのが、腰を落とさせる一因だったみたいですが、足を曲げることにこだわらずにやってみたら、ずいぶんいいみたいです。
私たちは、リーダー178、私167ですから、あまり意識して腰を落とすということはしないでいったほうが、今はいいみたいです。
いわゆる「へっぴり腰」になってしまうんですよ。
上半身は、上に引き上げて股関節でまげないとだめだといわれても、なかなか思うように行かないんです^^;
う〜ん。。。大変だ。

今日のレッスンもかなり重要度が高く、内容が濃いので、よほどのことがない限りは休めないね!と話したところです。

まだまだ先は長い。。。

あれ?
なんだかみぞおちが痛い・・というか凝ってる。。。
練習の成果?^^;

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
姿勢 Dance for Two/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる