Dance for Two

アクセスカウンタ

zoom RSS Mこ先生のカップルレッスン

<<   作成日時 : 2006/11/08 08:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日の統一全日本への出場を終えて、5日に帰熊されたS冶先生とMこ先生。
さっそく昨日からレッスンをされています。
おばさまに超人気のS冶先生は、毎日もてもてですが、Mこ先生のほうはおひまなようす。
そこで、昨日は、R子先生から、受けてみたら?という提案で、カップルレッスンをしていただくことになりました。
リーダーは、今まで数度レッスンをうけていますが、私は始めて!
さすが現役A級の先生なだけに、ポイントの指摘や教え方がうまいんです。
昨日は、ナチュラルターン→スピンターン→ホイスクをみていただくことに。

まずは「踊ってみて!」といわれて踊ります。
黙ってみていたMこ先生ですが、もう一度・・・といわれて組んだところでストップ!
しょっぱなの立ち方が悪いという指摘です。
私の体のむいている方向、リーダーの右手の位置。。。
指摘されて再度組みなおすと、あらら。。。ピタッと2人の位置がきまります。
でも、一番の問題点は、足のゆるみがないという指摘です。
前々から言われてはいたんですけどねぇ〜
つい伸びきってしまうんです。
このゆるみってほんとに大事で、これがあるのとないのとでは、踊りやすさも違えば、2人のシンクロにも影響を与えるということで、実際に、緩みがある場合とない場合を実践してくださいました。@@;
すごい!!いままで考えていた以上の違いを感じることができました。
ただ、これ、むずかしいですねぇ〜
意識の中にいつもおいておかないと。。。
課題がひとつみつかりました!

次に、1歩踊り始めて再びストップです。
今度は、2人の間のコネクションについての指摘です。
リーダーの右ボディと私の右ボディのストレッチがないということです。
そこで、Mこ先生がリーダーになってお手本をみせてくださいました。
@@;目からうろこです。
Mこ先生の右ボディを感じることで私の右ボディにストレッチが生まれるんです。
もちろん、自分でボディをストレッチさせることは大事なのですが、リーダーがボディをストレッチすることで、パートナーにそれが伝わって、それがお互いのポイズを作るんです。
これをするだけで、2人の格好が全然違います。

ほかには、スピンターンのときのリーダーの後退時の左足、ホイスクのときの私の体の向きとリーダーの右足の使い方などなど。。。
ナチュラルターン→スピンターン→ホイスクというたったこれだけのフィガーですが、教えていただいたことは、基本中の基本!
45分のレッスンでしたが、値千金!
実のあるレッスンでした!
これを無駄にしないためには、これからも気をつけて練習していかなければいけません。
まずは、足のゆるみと右ボディのストレッチですね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Mこ先生のカップルレッスン Dance for Two/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる